登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

プレミアリーグ
アップトン・パーク、1999年12月18日土曜日

ウェストハム 2
ディ・カーニオ(23分、52分)

マンチェスター・ユナイテッド 4
ヨーク(9分、62分)、ギグス(13分、19分)

ウェストハム:ヒスロップ、ローマス、ファーディナンド、ラドック、ミントー、シンクレア、フォエ、ランパード、ケラー、ディ・カーニオ、ワンチョペ
出場しなかったベンチ入り選手:フォレスト、キットソン、マルガス、ニュートン、アンガス

ユナイテッド:ファン・デル・ハウヴ、G・ネヴィル、シルヴェストル、スタム、アーウィン(46分P・ネヴィル)、ベッカム(76分バット)、キーン、スコールズ、ギグス、シェリンガム、ヨーク
出場しなかったベンチ入り選手:タイービ、ベルグ、スールシャール

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

03 December 2009  Report by Mike Shaw
ページ 1 / 2 次へ » 

回想:99年ウェストハム戦

シーズンの折り返しを前にした1999年の12月、リーズを勝ち点2差で追いかけていたユナイテッドは、アップトン・パークでの試合に臨んだ。そのユナイテッドは、オールド・トラッフォードで行われた直近の2試合、エヴァートン戦とバレンシア戦で勝利を収めたが、敵地ではチェルシーとトッテナムに敗れるなど、苦戦が続いていた。

試合内容:ユナイテッドは、右サイドでボールを持ったデイヴィッド・ベッカムのクロスにドワイト・ヨークがヘッドで合わせ、早い時間帯にリードを奪った。その後、ヨークはライアン・ギグスの2ゴールを演出。ユナイテッドはさらにリードを広げた。3点のリードを奪われたウェストハムは20分、パウロ・ディ・カーニオが1点を返し、チームの闘争心に火をつける。そして後半開始早々、ウェストハムのタリズマンであるイタリア人FWが再びゴールを挙げた。これで勢いに乗ったウェストハムは、60分過ぎにもディ・カーニオがGKと1対1の状況を迎える。ディ・カーニオは、レイモン・ファン・デル・ハウヴの頭上を抜くループシュートを試みたが、冷静な対応を見せたファン・デル・ハウヴがボールをキャッチ。すると、ヨークの2点目となるゴールで壮絶な打ち合いに終止符が打たれ、ユナイテッドが4-2で勝利した。

その後:精彩を欠くブラッドフォードを相手に、ユナイテッドはオールド・トラッフォードで4-0の勝利を収めたが、スタジアム・オブ・ライトでのサンダーランド戦は引き分けに終わった。シーズンの後半戦は順調に勝ち点を積み重ね、後続を引き離すことに成功。リーグ王者の栄冠を手にした。

ページ 1 / 2 次へ »