登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ディビジョン1
オールド・トラッフォード
1979年12月29日土曜日

マンチェスター・ユナイテッド 3
(マックイーン7分、ジョーダン38分、マッキルロイ(PK)71分)
アーセナル 0

ユナイテッド出場メンバー:ベイリー、ニコル、マックイーン、バカン、ヒューストン、コッペル、マッキルロイ、ウィルキンス、トーマス、ジョーダン、マカーリ
出場しなかったメンバー:リッチー

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

27 August 2009  Report by Mike Shaw
ページ 1 / 2 次へ » 

回想:79年アーセナル戦

1979年12月、ユナイテッドはアンフィールドで行われたリヴァプールとの頂上決戦に、0-2で敗れていた。そしてその3日後、雪が積もったオールド・トラッフォードにアーセナル迎えた。ライバルとの勝ち点差はわずかに2ポイント(当時は勝利で得られる勝点が2ポイント)。アーセナルはライバルのトッテナムに1-0で勝利し、3位となっていた。

アクション:ユナイテッドにとっては夢のようなスタートだった。ゴードン・マックイーンが8分にヘディングシュートを決めて先制すると、序盤は一方的な展開となった。ルー・マカーリのシュートはポストに直撃し、ミッキー・マーカスのチャンスはパット・ジェニングスの好セーブに阻まれた。さらにジョー・ジョーダンとサミー・マッキルロイがゴールを決めて勝利を確実なものとし、リヴァプールにプレッシャーを掛けた。

リアクション:その勝利の後、ユナイテッドはFAカップでトッテナムと1-1で引き分けた。得点したのは、またもマッキルロイだった。しかし、オールド・トラッフォードでの再試合は延長戦の末に0-1で敗れてしまった。その後アイルサム・パークでのミドルスブラ戦でも、1-1のドローで試合を終えている。この試合はユナイテッドにとって、リヴァプールとの勝ち点差を縮めるチャンスだったが、デイヴ・セクストン指揮下のユナイテッドはその差を埋めることができず、1部リーグの優勝トロフィーは2シーズン連続でイースト・ランカシャー・ロードに渡った。

ページ 1 / 2 次へ »