登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

15/04/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:過密日程は大歓迎

ガリー・ネヴィルは過密日程を歓迎している。7日間で異なる大会の3試合をこなすことになるが、彼にはどうすることもできない。

今シーズンも残り2カ月を切ったが、ユナイテッドは好調だ。これからも厳しい日程が続くけれど、どれも非常に重要な試合だよ。

チームの試合結果ですべてが決まる。トーナメント戦で敗退したり、リーグ戦で負けると、チームを立て直すのは非常に難しい。まだ13試合が残っているが、すべての試合に勝利したいと思っている。まずは、ポルトでのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦だ。その後、FAカップの準決勝、そしてリーグ戦と試合は続いていく。

シーズンの終盤に差し掛かると、試合と試合の間があまり開かないのはみんなが理解していることだ。16日の朝4時にポルトから帰ってきて、18日には試合がある。でも、栄光を得るためには、こういった過密日程とも戦わなければならないんだ。

サー・アレックス・ファーガソン監督はチームを甦らせることができる。だからこそユナイテッドは20人もの各国代表選手を抱えていてもうまく機能しているんだ。みんな過密日程に慣れてきたしね。

素晴らしい試合を前にして、文句を言っている選手なんていない。これも成功を手にし続けているクラブの宿命なんだ。

ページ 1 / 2 次へ »