登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Alan Beck
ページ 1 / 2 次へ » 

アウェー戦でのお得意様調査

アウェーゲームでのお得意様と苦手なチームを調査しました。
近年ヴィラ・パークやグディソン・パークで良い結果を残していることは直感的に分かっていることかもしれません。しかし統計を取ってみると、もっと驚くべき発見がありました。

お得意様チームトップ6(カッコ内の数字は勝率)
これを見れば、あなたもリヴァプールを好きになったはずです。おそらくエヴァートンはアウェーでは簡単な相手です。リヴァプールもトップ6に入っているから簡単な相手と言えます。私たちがトップ6を見せた理由がわかりますよね。
エヴァートン(81.2%)
アストン・ヴィラ(68.7%)
トッテナム(62.5%)
フルアム(57.1%)
サンダーランド(57.1%)
リヴァプール(56.2%)

苦手チームトップ6(カッコ内の数字は敗戦確率)
ポーツマスは先月のユナイテッドの勝利を含めても、最もユナイテッドが苦手とするチームです。シティーとリヴァプールもまた不可解な現象が見て取れる。(しかし、少なくとも私たちはアンフィールドでは4試合に1試合しか負けていませんが)
ポーツマス(50%)
アーセナル(37.5%)
チェルシー(37.5%)
マンチェスター・シティー(36.3%)
ブラックバーン(28.5%)
リヴァプール(25%)

1試合あたりのゴール率トップ6
1試合あたりの得点率は昨シーズンの結果から知ることはできませんが、リーボック・スタジアムはまだユナイテッドのゴールを見るためにある場所と言っても過言ではありません。どんな戦術を駆使してもボルトンはユナイテッドには勝てないでしょう。トロッターズ(ボルトンの愛称)相手ならユナイテッドは3点以上を挙げている。私たちのこの信頼できるコーナーに残ってくれることを期待している。
ボルトン(2.33)

ページ 1 / 2 次へ »