登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by United Blogger
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:奮起が待たれる

クリスチアーノ・ロナウドに関係する論争を考える。

多くはボルトン戦のペナルティ決定に拠るところだ。率直に言って毎週末、このような場面を見せられるだろう。

ロブ・スタイルスは聡明とは程遠いレフェリーだ。しかし、実のところ、ロナウドは妨げられた。彼のプレーは決してそれがダイビングであったかのような柔らかいプレーではなかった。

新聞は過ぎ去ったことを極端に表現する。そして、ペナルティがボルトンの運命を閉ざしたと主張している。

ナーニは彼が出場した15分間で、ボルトンが試合中放ったシュートより多くの枠内シュートを記録した。

我々はポゼッション率(75-25)を高く保ち、多くのゴール、パス、CK、シュートを記録した。

それは前半の時代遅れのユナイテッドではなかった。しかし、我々はテベス、パク、リオにより得点に近づく大きな可能性もあった。

前半で最も大きなチャンスは、失敗によってチャンスを実らせることができなかったムアンバのもとに訪れた。

ページ 1 / 3 次へ »