登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01/02/2010  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:豊富なFW陣

Manutd.comのジェマ・トンプソンはディミタール・ベルバトフを獲得したことで、サー・アレックス・ファーガソン監督の前線の選択肢が増えたことについて次のようにコメントしている。

「ここにテベス、ルーニー、ロナウド、そしてベルバトフが写った写真があります。神様は私たちのライバルチームになんて優しいのでしょうね」

以下はベルバトフ獲得に際して我々のメッセージボードに寄せられたコメントの抜粋だ。

オールド・トラッフォードの関係者全員がディミタールとの契約を喜んでいるが、同時にどうやって彼が2冠を成し遂げた偉大なクラブに適応するのかに注目している。ウェイン・ルーニーとカルロス・テベスのコンビプレーは昨シーズン、急成長を遂げて37ゴールを生み出した。そしてクリスチアーノ・ロナウドは1人で彼らより5ゴールも多く決めた! ロナウドはシーズンが進むにつれてさらに重要な役割を任されるようになり、サー・アレックス・ファーガソン監督はクリスチアーノが復帰したら、再び彼を頻繁に起用することになるだろう。

ベルバトフはスパーズで過ごした2年間で102試合に出場して46ゴールを決めており、イングランドのトップリーグでもその実力が抜きん出ていることを証明した。彼のように両足を使えて空中戦にも強く、コンスタントにゴールを決められる選手はなかなか獲得できないものだ。今回、監督がディミタールの獲得を決意したのも十分に頷ける。

ベルバトフは自身でゴールを決めるだけではなく、ルーニーの能力も最大限に引き出してくれると私は信じている。監督によれば、ワッザ(ルーニーの愛称)のチームでの役割はまだ決まっていなかった。昨シーズンは彼が好きな前線だけで

ページ 1 / 2 次へ »