登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/09/2012  Report by Ole Gunnar Solskjaer
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:ボスの教え

未だ無敗のリザーブチームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、ボスと呼ぶ監督から教わった価値あるレッスンについて語った。

サー・アレックス・ファーガソン監督から学んだことは、私にとってとても重要なことだ。彼がどう試合に備えたか、どれだけハングリーな人だったか、どれだけ無駄を省くことに注意していたか。私が真似たいと思うのは、そういったどれも小さなことなんだ。それに加えて、選手の扱い方だね。彼は毎年25人もの代表選手を抱えているんだよ。でも、ほとんどの選手がチームを出たいなんて言わないんだ。このチームで指揮を執って20年になるけど、彼のやり方は完全に正しいと思っている。

監督はいつも、選手やスタッフが高い理想や大きな望みを持つことを願っていた。2006-07シーズン前のミーティングを思い出すよ。マイケル・カリック、トマシュ・クシュチャクとだけ契約した年で、私たちは3シーズン、リーグ優勝から遠のいていたんだ。監督は選手たちを見渡すようにして言った。「我々はこの国で最高の選手の集まりであり、一番になる準備ができている。このシーズンにチャンピオンズリーグ、FAカップ、プレミアリーグに挑もうとしないならば、我々の責任だし、我々に問題がある」とね。

あれでベストな精神状態になったんだ。我々はリーグで優勝し、チャンピオンズリーグに近づき、FAカップは決勝で敗退した。あの言葉が、私たちを考えさせたんだよ。それが、あの監督がなぜベストなのかという答えさ。そして、それは私がリザーブでやりたいことでもある。相手が聞くのをやめてしまうから、同じことを何度も何度も繰り返し言いたくはないだろう? ボスはやってきて、何か話したら行ってしまうんだ。私たちに考えさせているんだよ。シンプルなほうが

ページ 1 / 2 次へ »