登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009 

ブログ:正にその時間だ

ユナイテッドファンのガビニオが、午後3時キックオフのゲームに対する彼の考えをユナイテッドのメッセージボードに残した。

今週の土曜日に行われる試合に注目するのは、今季2度目のホームゲーム(プレミアリーグ)という事だけではない。かつては伝統的だったが今では珍しい、3時キックオフの最初の試合だからだ。

何年もの間、私たちサポーターはテレビ局に対して、キックオフの時間が変更する事を大目に見なければならなかった。そして時がたつにつれ、とんでもなく早い時間か、途方もなく遅い時間帯に家に着くようになってしまった。

数世代に渡り、男性のフットボールサポーターは、土曜の午後に行われる試合を、週末に妻と街へ出かけるのを逃れる言い訳として使っていた。さらに言えば、洋服屋で「お尻大きいかしら」という問いかけ(「いいんじゃない」というのが常に正解)に答えなければならなかった。

現在、SkyとSultana(失礼、Setantaだ)は、フットボールに深く関与している。絶えず変わるキックオフタイム(特に日曜日に移る場合)は、男性サポーターが厄介な買い物を避けるために、他の言い訳を考えなければいけないことを意味する。

特にユナイテッドサポーターは変更するキックオフ時間に苦しんできた。それが、多くのゲームを土曜午後3時にして欲しいと主張する理由だ。

ついに、私たちはホームゲームの6試合のうち4試合(ボルトン戦、ハル戦、ストーク戦、サンダーランド戦)を望んでいるキックオフ時間に見ることが許された。

伝統主義者としては、フットボールを見るうえで土曜の午後3時以上の時間帯はないと信じている。

“この記事について、あなたの意見は? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』に投稿しよう”