登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Gary Pallister
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:ユナイテッド加入の頃

もし、ミドルスブラからの移籍先がユナイテッドではなかったとしても、ガリー・パリスターはまた赤いユニフォームを着ていただろう・・・・・・。イースト・ランカシー・ロードを下った先の、リヴァプールで。1989年8月、彼はユナイテッドでの素晴らしいキャリアをスタートし、15個ものメダルを獲得したのだ。

ユナイテッドの僕への興味を最初に教えてくれたのは、エージェントだった。

しかし、ミドルスブラからの移籍には問題があった。僕の移籍希望を彼らが蹴ったんだ。その年、ミドルスブラは降格したが、僕はイングランド代表でもプレーしていたし、もっと高いレベルで24歳の自分を試してみたかった。

その頃の監督だったブルース・リーオクとうまくやれてはいなかったので、移籍の希望も頂点に達していた。はじめはリヴァプールに行く予定だった。彼らは僕への興味と、ミドルスブラの提示した金額に同意できると断言していたんだよ。だが、リヴァプールはグレン・ハイエンとの交渉を優先したんだ。彼はフィオレンティーナからユナイテッドに行くと思われていたんだけど、考えを変えた。

そして僕はユナイテッドに加入した。今日のようなビッグなチームの片鱗はなく、当時は複雑な状況だった。しかし、ニール・ウェブ、マイケル・フェランらと練習やプレーをすることは素晴らしい出来事だったよ。我々3人は同じ日にメディカルチェックを受けたんだ。ポール・インスも一緒に契約をした。

ページ 1 / 3 次へ »