登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Jimbo
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:けがからの復帰

ユナイテッドのウェブデザイナーを務めるジンボは、ヒザの負傷から復帰した。しかし、再びボールを蹴るには、彼の有名な同僚たちよりも時間がかかるようだ。
2007年9月23日の日曜日。ユナイテッドはチェルシーと戦った。その日は偉大な選手たちが華麗なプレーを見せた忘れられない日として、人々に記憶されることになった。

この試合が始まる数時間前に、マンチェスターのハーフ・エンドのグラウンドで行われた、アームストン・ラ・コルーニャとオールドハウスFCの試合中に事件は起こった。この試合で私は負傷したのだ。私の負傷は、ロイ・キーンやファン・ニステルローイ、そして、最近ではイングランドのナンバ-ワンGKとも呼ばれるベン・フォスターなどの偉大な選手たちを悩ませたヒザの十字じん帯の断裂だった。

私の負傷は、選手たちが負ったものほど早く発見されることにはならなかった。外科医が私の負傷を発見するまでに6ヶ月間を必要とし、NHSでのリハビリに同じく6ヶ月間かかった。

長期に渡ってオールド・トラッフォードを離れたことは、私に多くの考える時間を与えてくれた。冷蔵庫まで食品を取りに行く時などに、考え事をしたものだ。

リハビリを懸命に行うことが回復にどれほど重要かということは、天使のような女性の理学療法士が最初に強調したことのひとつだ。リハビリはとても大事だ。ただ、それはすぐに私にとって重荷となった。やる気を失った私はITVの『Loose Women』という番組の眠気を誘う声に合わせて居眠りをしてしまったよ。

ページ 1 / 3 次へ »