登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 6 次へ » 

スター誕生

ウェイン・ルーニーはエヴァートン時代に決めた17ゴールを含め、クラブチームの試合での通算100ゴール目に近づいている。
ここではルーニーがオールド・トラッフォードに来るまでのことを追いたいと思う。

大混乱のグディゾン・パークで、クライヴ・タイルディズリーは「彼の名前(ウェイン・ルーニー)を忘れるな」と大声で叫んだ。16歳の少年は王者であったアーセナルに対し、約27メートルのシュートを決めてその存在をサッカー界に知らしめたのだ。

ルーニーはこのプレーでデイヴッド・シーマンを驚かせ、ユナイテッドに興味を持たれた。

彼はユナイテッドU9と初めて対戦した際、シュマイケルの息子であるカスパー・シュマイケルと対峙した。
「シュマイケルは試合前から準備していたわけではなく、一緒に練習をしたのは直前だった」と現在ユナイテッドU18を率いるポール・マクギネス監督が思い出を語った。

「我々にはGKすらいなかった。だから、ピーター・シュマイケルの息子カスパーにプレーしてもらったんだ。彼は我々が知っていた唯一の子供だったからね。エヴァートンの選手たちは1年間もの間、リーグ戦を共にプレーしていたから、チームとして成熟していた」

記憶に残っているのは最終的な結果(12-2)ではなく、ルーニーの衝撃的なゴールだった。

ページ 1 / 6 次へ »