登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「どんなレベルの試合でも選手とコーチはやり残したことがないよう、試合を終えなくてはならない」

― トニー・ストルドウィック
22/01/2009  Report By Steve Bartram

試合への準備方法をアマに伝授

トップレベルのサッカーにおいて、直面する問題を解決した際に得られる経験というのはとても大切な物だ。その精神は今シーズン、アマチュアリーグにプレミアリーグの形式を採用しているルコザーデ・スポーツ・パフォーマンス・リーグ(LSPL)にも宿っている

8月に開幕したLSPLはいくつかのチームがナイキ製品や、ルコザーデ・スポーツの製品を含むバークレイズ・プレミアリーグのスポンサー商品一式を懸けてリーグ戦を戦う全国的なアマチュアサッカーのキャンペーンである。

11月のLSPL最優秀チームは、オールド・ストレットフォーディアンズ・AFCで、このチームはユナイテッドに招待され、プレミアリーグの委員会の1人であるユナイテッドのフィジカルコーチのトニー・ストルドウィックのトレーニングを体験した。

ストルドウィックのトレーニングでは日常のトレーニングを試合戦略といかに融合させるか、そして選手たちがどのようにして90分間ベストな状態を保つかということが重要視されていた。

脱水しないための最適な睡眠時間など、ストルドウィックのセッションは選手たちに及ぼすプレー以外の要因をもカバーしていた。ストルドウィックは、「どんなレベルの試合でも選手とコーチはやり残したことがないよう、試合を終えなくてはならない」と語っている。