登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

シーズンデータ

リーグ戦:8(1)試合
FAカップ:0(1)試合
リーグカップ:1試合
チャンピオンズリーグ:3(2)試合
合計:12(4)試合
ユナイテッドでの総出場数:25(4)試合

ベストマッチ
バーミンガム 0-1 ユナイテッド(2007年9月29日)
負傷したファン・デル・サールに代わって途中からゴールを守ったクシュチャクは、チームの1-0の勝利に貢献する好セーブを披露した。
ガリー・マクシェフリーのシュートは、リオ・ファーディナンドの頭に当たって、ゴール上隅へ飛んで行き、得点になるかと思われた。しかしクシュチャクが本能的に右手を伸ばし、これを阻止した。
18/09/2012 

レビュー:クシュチャク

ユナイテッドの正GKはエドウィン・ファン・デル・サールだが、控えのトマシュ・クシュチャクも、16試合の出場の中で無失点試合を8試合記録し、輝きを放つパフォーマンスを披露した。

控えのGKというのは出場機会が限られているだけに、試合勘や集中力を維持するのが難しく、突然起用されて無失点に抑えるというのは、意外に大変なことである。

FAカップ5回戦のポーツマス戦では退場処分となり(だがそこまで悪質なファウルには見えなかった)、与えたPKが決勝点となってチームは敗退してしまった。

それでもクシュチャクは、先発出場した1月のバーミンガム戦で安定したプレーを見せ、1-0の勝利に貢献。

チャンピオンズリーグ・グループリーグのローマ戦でも、相手に得点を許さなかった。

ファン・デル・サールが37歳であることを考えると、クシュチャクが正GKの座に就く日はそう遠くないのかもしれない。

ただしチームには、ベン・フォスターという若くて才能を持った選手がいるだけに、激しい競争が繰り広げられるのは必至だろう。

ページ 1 / 2 次へ »