登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

シーズンデータ

リーグ戦:10(18)試合
FAカップ:1(1)試合
リーグカップ:1試合
チャンピオンズリーグ:4(2)試合
その他:1試合
合計:17(21)試合
ユナイテッドでの総出場数:215(73)試合(12ゴール)

ベストマッチ
ユナイテッド 2-0 ボルトン(2008年3月19日)
初めて主将を務めたロナウドが2ゴールを奪ってチームを勝利に導いたが、ディフェンスに入ったオシェイの安定したパフォーマンスも目を引いた。
ハーフタイム前には、アクロバチックなボレーで、ボルトンのゴールを脅かした。
22/01/2009 

レビュー:オシェイ

ユナイテッドが2冠を達成できたのは、ゴールを量産したクリスチアーノ・ロナウドや、堅固な守備陣を牽引したリオ・ファーディナンドのおかげだという意見は多いだろうが、ジョン・オシェイのような選手がいなければ、成功は手にできていなかっただろう。

実際、サー・アレックス・ファーガソン監督が、いいチームと優勝できるチームの違いは、控え選手の質で決まると主張しているのはよく知られていることである。

現代サッカーにおいて、複数のポジションをこなせる選手の存在は貴重で、ユナイテッドではオシェイがまさにそのようなプレーヤーに当たる。

2007-08シーズンは、右サイドバック、左サイドバック、センターバック、セントラルMFをこなし、レディングとの開幕戦では、急遽、ストライカーを務めたほどだった。そしてどのポジションで起用されても、決して期待を裏切るようなプレーはしない。

オシェイ本人もオールラウンドプレーヤーという役割に満足しているようで、最近、ユナイテッドとの契約を2012年まで延長した。

ページ 1 / 2 次へ »