登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

シーズンデータ

リーグ戦:34試合(31ゴール)
FAカップ:3試合(3ゴール)
リーグカップ:0試合
チャンピオンズリーグ:11試合(8ゴール)
その他:1試合
合計:49試合(42ゴール)
ユナイテッドでの総出場数:239試合(92ゴール)

ベストマッチ
ユナイテッド 2-0 ポーツマス(2008年1月30日)
バックヒールでゴールを決めた3月のアストン・ヴィラ戦など、記憶に残る試合はたくさんあるが、約25メートルの無回転FKを決めたポーツマス戦を見過ごすわけにはいかないだろう。10分にナーニとのパス交換から先制点を奪った3分後、ロナウドはGKデイヴィッド・ジェイムズが一歩も動けない鮮やかなシュートをゴールネットに突き刺した。ロナウドは試合後、「キャリアのベストゴールかな」と語った。
18/09/2012 

レビュー:ロナウド

現在噂になっている移籍の話は別にして、2007-08シーズンがクリスチアーノ・ロナウドにとって最高だったことは疑いようがない。

1年前、サー・アレックス・ファーガソン監督はロナウドについて、「今シーズン(2006-07シーズン)は計り知れないほどの成長を遂げた」とコメントしていた。

だが、それからさらに12カ月が経つと、この若きポルトガル人ウインガーは、30年のキャリアを持つアナウンサーのマーティン・タイラーが称賛の言葉を失うほど、1人だけ違う次元にいるような活躍ぶりを披露した。

ジョージ・ベストを抜き、ウインガーとしてのクラブ最多得点記録を作ると、イングランドのプロサッカー選手協会(PFA)とサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手に選ばれ、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの両方で得点王に輝くなど、受け取った個人賞は枚挙にいとまがない。

12月から1月にかけては、リーグ戦10試合で13得点とゴールを量産。6-0で大勝した1月12日のニューカッスル戦では、ユナイテッドへの移籍後初となるハットトリックをマークした。

ページ 1 / 2 次へ »