登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ポールは1999年の決勝でプレーできなかったけど、今度は彼がチームをモスクワへ連れて行ってくれた。プロらしい活躍をしたと思う。彼はマンチェスター出身でもあるし、特別な意味を持った試合になったはずだよ」
─ ミカエル・シルヴェストル
22/01/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

欧州の栄光:バルサ戦(H)

ユナイテッドはアウェーの第1戦を0-0で引き分けて、この第2戦に臨んだ。

サー・アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッドが、モスクワで行われる決勝に進むチャンスは大きかったが、バルセローナも得点を奪っての引き分けであれば、ファイナルへのチケットをつかむことができた。

勝負を決めたのは、1999年のチャンピオンズリーグ決勝を出場停止で欠場した、あの男だった。

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦
2008年4月29日(水)
オールド・トラッフォード
マンチェスター・ユナイテッド 1
スコールズ(14分)
バルセローナ 0

マッチリポートはこちら

試合内容:ネマニャ・ヴィディッチとウェイン・ルーニーが故障で欠場したことにより、ファーガソン監督はメンバーチェンジを強いられた。右サイドバックにはオーウェン・ハーグリーヴスが入り、ウェズ・ブラウンがリオ・ファーディナンドとセンターバックのコンビを組んだ。前線ではルーニーに代わってカルロス・テベスが先発で起用された。
ユナイテッドは14分、ジャンルーカ・ザンブロッタの不用意なパスをカットしたポール・スコールズが、豪快なミドルシュートを決めて先制。
バルセローナはティエリ・アンリをベンチスタートさせたが、あとになって考えれば、彼が後半に登場してからチームがチャンスを作り出したことを考えると、先発で使わなかったのはフランク・ライカールト監督のミスだったと言えるだろう。

スター選手:テベスが闘志あふれるプレーで、ピッチ内を幅広く巡回。攻めれば相手DFに脅威を与え、自陣に戻れば、見事な守備を披露した。

ページ 1 / 2 次へ »