登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009 

リーグ王者:2008年2月

2007-08シーズンのユナイテッドは、連勝を重ねて、思わぬ黒星を喫するというパターンを繰り返してきた。

1月のリーグ戦は4連勝。そして迎えた2月2日のアウェーのトッテナム戦。試合終了間際まで1点のリードを奪われ、そのまま敗れてしまうかに思われた。

しかしユナイテッドは、不屈の精神を持ったクラブだ。93分にカルロス・テベスがCKからボレーを決め、貴重な勝ち点1を獲得した。

それでも、続く10日のマンチェスター・シティーとの150回目のダービーマッチで屈辱を受けることになった。

それは50年前に起きたミュンヘンの悲劇の追悼試合という重要な意味合いを持った試合だったのだが、ユナイテッドはいいところなく、ホームで敗れ去ったのである。

だが、ユナイテッドはそのまま引き下がるようなチームではない。16日のFAカップ5回戦のアーセナル戦を4-0で勝利して勢いを取り戻すと、23日のニューカッスル戦では大暴れした。

ページ 1 / 2 次へ » 


2月のリーグ戦結果

2日 トッテナム 1-1 ユナイテッド
10日 ユナイテッド 1-2 マンチェスター・シティー
23日 ニューカッスル 1-5 ユナイテッド

2月のベストゴール
ウェイン・ルーニー(対ニューカッスル戦)
ユナイテッドがすでに3点を奪っているときだった。ペナルティエリア付近でアラン・スミスの中途半端なクリアボールを拾ったルーニーが、きれいなカーブをかけたシュートをファーポストに沈めた。

ManUtd.comが選んだ月間最優秀選手
ウェイン・ルーニー