登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「パクはずっと走っているんだ。いつも全力でプレーしている。本当に頼りになる選手だよ」

「パクは体が大きい方ではないが、怖れることなく果敢にタックルを仕掛けていた。彼を見ているとピンボールを思い出すよ。あちこちで、いろんな選手に当たりに行って跳ね返ってくるような感じに見えるからね!」

-ミッキー・トーマス、パク・チソンについて

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

13 December 2008 
ページ 1 / 4 次へ » 

注目選手:パク・チソン

このところ、ユナイテッドでの重要性を着実に高めつつあるパク・チソンだが、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でサー・アレックス・ファーガソン監督が彼を起用しないと発表したことには驚いた人も多かっただろう。

パクは準決勝のバルセローナ戦でユナイテッドの勝利に大きく貢献する活躍を見せており、決勝のチェルシー戦でも当然、彼の中盤のスペシャリストとしての能力が必要とされるだろうと考えられていたのだ。現代のフットボールの基準からすれば、パクの運動レベルは本当に素晴らしい。90分間フルにサイドラインを走り回れるだけのスタミナを持つ彼は、2005年にユナイテッドへ移籍してくるまでの2年間を過ごしたPSVで「酸素タンク」というニックネームまでつけられていた。

「パクはずっと走っているんだ。いつも全力でプレーしている。本当に頼りになる選手だよ」と、元ユナイテッド選手のミッキー・トーマスは熱弁をふるった。トーマスは現在、MUTVの評論家を務めており、オールド・トラッフォードでの現役時代には自身も疲れ知らずのプレーで有名だった。

「パクは体が大きい方ではないが、怖れることなく果敢にタックルを仕掛けていた。彼を見ているとピンボールを思い出すよ。あちこちで、いろんな選手に当たりに行って跳ね返ってくるような感じに見えるからね!」

ページ 1 / 4 次へ »