登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Paddy Crerand
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:栄光をもう一度

ユナイテッドのレジェンド、パディー・クレランドがこの栄光の12ヶ月間を振り返って次のように語っている。

2008年はユナイテッドにとって素晴らしい年になった。
本当に素晴らしい場面がたくさんあった。まず、10度目のプレミアリーグ優勝を果たしたことで、ミュンヘンの悲劇で死んだ仲間たちへの敬意を表することができた。それに、チャンピオンズリーグではシーズンを通して見事な活躍を見せたクリスチアーノ・ロナウドと、サー・ボビー・チャールトンの最多出場記録を更新したライアン・ギグスの2人がゴールを決め、PK戦の末に優勝を掴み取った。

モスクワでの出来事はもちろん、私にとっても最高の瞬間だった。空港を出発する時に喜びに満ちたサポーターたちと一緒に歌ったことを思い出すよ。私はジョン・テリーの大ファンなのだが、彼がPK戦で足を滑らせたのを私以上に喜んでいた人間もいないだろう。MUTVの解説をしながらほとんどクレイジーになっていたよ。ファン・デル・サールがアネルカのPKをセーブした時には、もう踊り出していたよ。

あんな素晴らしいシーズンの後で次は何を目指せば良いのかと思うかもしれないが、我々ならばあれだけの栄光をもう一度、掴み取れると信じている。チームはまだ若いが、すでに豊富な経験も備えているから5月にはまたトロフィーを獲得できると確信している。そして、もし実現できるなら今度こそマンチェスター市内を凱旋パレードで練り歩きたい。モスクワでの成功後でまだパレードをできていないことが気がかりなんだ。

2009年もすごく楽しみだ。1月には3つの大会で8試合を予定している。選手たち全員が自分の仕事をまっとうし、十分な結果を出せることを祈っている。FAカップのアウェーでのサウサンプトン戦は勝算が高いし、カーリングカップ

ページ 1 / 2 次へ »