登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:マンチェスターの盟主

ManUtd.comのベン・ヒブスは、ユナイテッドのチームとともに30日、シティー・オブ・マンチェスターへと短い旅へ出掛けた。

試合前、街からスタジアムへ向かうバスの中で、私はただ静かに座っていたが、シティーファンが歌うめまいがするほど思い上がったアンチ・ユナイテッドの歌を聴かなければならなかった。個人的には“特権”に関する話題はあまり好きではないが、現在のマンチェスターにも階層の違いがしっかりと存在しているようだった。

ユナイテッドは敵地でシティーを下した。この日のユナイテッドの優れたパフォーマンスを考慮すれば、当然の結果だった。

昨シーズンのダービーでは2試合とも敗れた。1戦目はシティー・オブ・マンチェスターで行われ、完璧に試合を支配したものの敗れてしまった。そしてオールド・トラッフォードでの2試合目は、ミュンヘンの悲劇から50周年を迎えた影響があったことは疑いようもない。親愛なるクラブであるシティーがサー・アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッド戦で2戦とも破ったのは初めてのことだった。

本来の姿に戻るんだ、というのがユナイテッドのサポーターと、そしてピッチ上の選手たちの姿勢だった。前半はユナイテッドが完璧に試合を支配した。おとなしくなったシティーのサポーターは、ファール気味のスローインや悪質なタックルへの応援をする羽目になった。ユナイテッドファンが興奮したカリックのシュートからのこぼれ球をルーニーがゴールした瞬間、私は誰の得点だったのかを確認できなかった。

ページ 1 / 3 次へ »