登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010  Report By Brian McClair
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:クリスマスのキックオフ

クリスマスの日といえば、私はサッカー選手として、子供たちを起こし、階下に引きずり下ろし、できるだけ早くクリスマスプレゼントの箱を開けさせていたものだ。そう、私は練習に行かなければならなかったんだ。

ユナイテッドでの1年目、私はボクシング・デー(12月26日)にチャールトンと対戦し、その次の日にワトフォードと対戦すると知って唖然とした。これは何かの間違いだと思ったが、チームメートと会話していて、それが事実だと知ったんだ!

チャールトン戦での我々は良くやった。しかしGKのボブ・ボルダーの素晴らしい働きは、まさにチャールトンにとって極上のクリスマスプレゼントで、結局試合はスコアレスドローに終わった。オールド・トラッフォードで手早くシャワーを浴び、我々はワトフォード行きのバスに乗らなければならなかった・・・・・・

ワトフォードに着いたときには降っていた雨は、試合当日である翌朝まで降り続いた。私は非常に楽観的に、試合が延期になるのではないかと思い始めた。特に、ピッチの点検をすると聞いたときにはね。

跳ねるのかどうか試そうとして、主審が大きな水溜りにボールを落としたのを見たとき、我々は思った。「どう考えても試合はできない」と。しかし主審は監督に向かって親指を立てた。我々は信じられなかった。ピッチはまるでウィンダミア湖のようだったんだ!

おそらく主審は家に義理の両親でも来ていて、気まずくて帰りたくなかったんだろう。試合自体は完璧なジョークだった。しかし私の得点により、1-0で勝利した。私がハッピークリスマスと呼ぶのはこの日のことだよ!

ページ 1 / 2 次へ »