登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「何人かのベテラン選手を除き、ほとんどのプレーヤーはまだピークに達していない。今のユナイテッドはもっといいチームになると信じている」
− サー・アレックス・ファーガソン監督

22/01/2009 
ページ 1 / 4 次へ » 

監督コラム「今季こそ好発進を」

ケヴィン・キーガン監督率いるニューカッスルは、積極的な攻撃を仕掛けてくることだろう。また、熱狂的なファンも駆けつけるに違いない。だが、ユナイテッドにもいい選手が揃っているし、私たちは今シーズンこそ好スタートを切りたいと思っているんだ。

ニューカッスルのチーム状況がどうなっているのかを把握するのは難しい。ここ数シーズンはいろんな問題を抱えてプレーしてきたようだ。だが、1つだけ変わらないことがある。私の個人的な意見かもしれないが、ニューカッスル・ユナイテッドというクラブを特徴付けているものだ。

ニューカッスルの人たちは、サッカーのことになると、結束力が非常に強くなる。彼らにとって、サッカーに捧げる情熱は、何よりも勝るんだ。しかも全チームが横一線でスタートする新シーズンの開幕となれば、誰もが大きな希望と期待を抱いているものである。

ケヴィン・キーガン監督が指揮を執るニューカッスルをオールド・トラッフォードに迎えることが何を意味しているか、よく分かっているつもりだ。彼らは攻撃的サッカーを好むため、試合展開はファンを魅了する、楽しいものになるだろう。スタジアムにやって来るファンも、いつものように熱い声援を送り、独特な雰囲気を作り出すことに一役買うはずだ。彼らのホームグラウンドで試合をするときは、それがさらに顕著になる。

私はニューカッスルというクラブが持つプレースタイルに敬意を表してきた。ケヴィン・キーガンが指揮官を務めている現在のチームは、その素晴らしい伝統をしっかりと受け継いでいる。

ニューカッスルの話をするとき、かつて監督を務めたサー・ボビー・ロブソンの名前を出さないわけにはいかない。しかも現在は再び病に倒れ、療養中だと聞いている。

私自身が年齢を重ね、引退のことを考えるときは、ボビーがどれだけサッカーを愛しているかを思い浮かべるんだ。彼はどんなに高齢になっても、現場で指揮を執ることに、情熱を持ち続けていた。

ページ 1 / 4 次へ »