登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/09/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

スキルアップ:フィットネス編

今回は、ファーストチームのフィットネスコーチを務めるトニー・ストラドウィックが貴重な助言を与えてくれます。

サッカー選手が体力アップをするには、どんな方法が一番いいでしょう?
まずは、どれだけの時間を体力トレーニングに費やせるかを確認する必要がある。ユナイテッドでは幸運にも、1日の練習で選手1人あたり少なくとも2、3時間を割くことができる。そのため1週間では合計、12時間から20時間を体力アップの時間に使えることになる。
もちろん一般の人の場合、話は違ってくるだろう。重要なのは効果的に行うことだ。そのため、しっかりとプランを立てる必要がある。思いついた練習を適当にこなすというのではダメだ。順序立てられた練習メニューを考えなくてはいけない。量よりも質が問題なのだ。

練習時間が限られているとすれば、どのようなエクササイズが一番効果的なのでしょう?
1週間に2、3回の練習であれば、有酸素運動のトレーニングがいいだろう。だからと言って、ランニングをたくさんする必要はない。5対5のミニゲームを、1セットあたり5分から10分行えば、十分な有酸素運動になる。ランニングマシンを使って同じようなセットをこなしてもいい。スプリントを繰り返す練習をする前に、有酸素運動にしっかりと慣れることが重要である。

一般の人が行うにはどんな練習メニューが一番いいでしょう?
次のようなものでどうだろう。まずはストレッチをしてウォームアップを行う。その後、10分から15分をかけて、スプリント練習をする。10-15メートルの距離を3回走ることを合計6セットぐらいがいいだろう。それから有酸素運動のトレーニングを行い、最後は再びストレッチをする。

ページ 1 / 2 次へ »