登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

19/11/2007  Report by Press Department

スキルアップ:技術編

今回は、ユナイテッドの技術コーチを務めるレネ・メウレンステーンが、テクニックに関するアドバイスを与えてくれます。

誰かにピアノを教えようとしたとき、1時間のレッスンのうち50分も楽譜の話をするのはナンセンスだ。まずは弾いてみることが重要なのである。サッカーもそれと同じ。まずはボールを蹴ることから全てが始まるのだ。

基本的なスキルをしっかりと身につけることが大事だ。そのためにはたくさんボールに触ることが必要である。長短のパス、ワンタッチのパス、身体を動かしながらのトラップ、両足でのキック、アウトサイドを使ったキックなどを鍛えなければならない。全てを正確にできる選手はそう多くはいない。

練習を積んでスキルを自分のモノにすることで、いい選手になれる。サッカー選手にとって大事なのは、プレッシャーを受けた状態でも、きちんとプレーできることだ。現代サッカーでは、予想外のプレーができる選手が重宝される。

ボールを使った練習を行うとき、わざわざ列を作ってやる必要はない。たとえばシュート練習をするとしよう。交代に打っていくのはいいが、10人も15人も並ぶのは意味

ページ 1 / 2 次へ » 


基本スキルが重要

「練習を積んでスキルを自分のモノにすることで、いい選手になれる。サッカー選手にとって大事なのは、プレッシャーを受けた状態でも、きちんとプレーできることだ。現代サッカーでは、予想外のプレーができる選手が重宝される」
─ レネ・メウレンステーン