登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

場所:中国・マカオ
日付:2007年7月23日
本日の日程:深センFC戦
天気:晴天だが猛暑!
その他の情報:ナーニがこの日ユナイテッドの一員として試合デビューする予定だが、ベンチからのスタートになる可能性あり。

「ここまでは、レベルアップできているのは間違いないし、選手たちの体調もまずまずだ。コンディションを整えるのはたやすくないが、現時点では満足しているよ」
− カルロス・ケイロス
22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ツアー日記:マカオは猛暑

ManUtd.comの記者ジェンマ・トンプソンが、ユナイテッドのアジアツアーに同行。 インサイド・レポートを読者の皆様にお伝えします。

選手たちは、7月22日(日)の朝は早起きし、マカオ・スタジアムで午前9時半から練習を行った。1万6000人収容のマカオ・スタジアムは、ホテルから車で5分の位置にある。東京やソウルでは、車で1時間離れた場所にスタジアムがあったから、大きな違いである。

グラウンドに到着すると、選手たちは2000人もの熱狂的ファンの大歓声に迎えられた。ファンは大合唱しながら、チャンピオンフラッグを振っていた。「優勝トロフィーを奪還したぞ!」とのメッセージがつたない英語で綴られていて、選手たちの表情にも笑みが浮かんだ。

猛暑の中、選手たちが1時間練習を実施した後は、ミニゲームを2回行って練習は終了。ナーニは練習にフル参加しており、サー・アレックス・ファーガソン監督は練習後、7月23日(月)の深センFCとの試合で、ナーニを出場させると語っている。練習終了後、選手たちはサインや写真撮影に応じ、昼食のためホテルに戻った。

練習後は、アシスタント・マネージャーのカルロス・ケイロスに話を聞いた。ケイロスは、ここまでのチーム練習の経過に満足していると語っている。

「(こうしたツアー中には)すべてが正しく実施されていることを確認するのが大切だ。例えば、選手たちの睡眠時間や、何時に眠りにつくべきかとかね。それに飛行機での移動を行うと、体内の水分が影響を受ける。そうした要素を整理して、心理的な観点から影響を最小限に留めるのを狙っている。ツアーならではの環境に即して練習内容を管理し、なおかつ基本ポイントを抑えることに努めているんだ。私が挙げた点をすべてカバーできれば、我々は問題ないと言えるだろう」

ページ 1 / 2 次へ »