登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

場所:東京
日付:2007年7月17日
本日の日程:浦和レッズと対戦
天気:くもりのち雨、まるでマンチェスターのような天気!
その他の情報:7月16日夜10時30分頃、地震が発生したが、無事初日は終了。

「日本でのファンの応援は驚異的だ。到着した時の空港での光景は信じられなかったよ」
− ウェイン・ルーニー
23/02/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ツアー日記1:日本到着

ManUtd.comの記者ジェンマ・トンプソンが、ユナイテッドのアジアツアーに同行。 インサイド・レポートを読者の皆様にお伝えします。

ユナイテッドは12時間の長いフライトの後、7月16日(月)正午にアジアツアーの初戦を戦う日本に到着。東京成田国際空港では、数千人のユナイテッド・ファンが、サー・アレックス・ファーガソン監督や選手たちを出迎えた。
ユナイテッドの一行がターミナルを抜ける際には、サポーターたちの大きな声援が盛んに聞こえていた。

フライト中、選手たちはDVD観賞やPSPでゲームを楽しんだりした後、多少の仮眠もとっていたようだ。
東京都内の宿泊先ホテルに到着すると、さらに多くのファンがチームを待ち構えていた。到着後、チーフ・エグゼクティブのデイヴィッド・ギル・、ファーガソン監督、ライアン・ギグス、パトリス・エヴラが、記者会見に出席した。

ギルはこう語っている。
「日本に来られて最高です。長旅でしたが、日本に戻ってこられてうれしく思いますし、選手たちは早くプレーしたくて仕方がない。アジアツアーは、サッカー的側面だけでなくビジネス的側面からも、非常に重要です。我々のビジネスパートナーと様々な活動が予定されており、パートナーとの関係を今後もさらに伸ばして行きたい」

ギルは、カルロス・テベスのユナイテッド移籍が完了間近であると説明。また、ユナイテッドの日本語版ウェブサイトが開設されることも発表した。外国語版の公式サイトは日本の他、韓国、中国でも開設される。

昼食を手早く済ませた後、選手たちはグループに分かれて地域チャリティ活動や、スポンサー主催イベントへと向かった。
ウェイン・ルーニー、ライアン・ギグス、ダニー・シンプソンは、チームの主要スポンサーであるAIGが企画したプログラムで、地元の盲学校を訪れた。ここでは、目が不自由な子供たちが選手たちに、そのサッカー技術を披露した。

ギグスはこう感想を述べている。
「あの子供たちの持つ勇気は素晴らしい。それにみんな、サッカーポールを実に巧みに扱っていたね」

オーウェン・ハーグリーヴスとアラン・スミスは、マンチェスター・ユナイテッド財団主催の企画として、都内の聖路加国際病院の小児がん病棟を訪れ、多くの子供たちに歓迎されていた。

ページ 1 / 2 次へ »