登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

23/02/2012  Reported by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

新戦力デビューは持ち越し

オーウェン・ハーグリーヴスとナーニのユナイテッドでのデビューは、先送りになった。サー・アレックス・ファーガソン監督は、この2人の新加入選手の故障が長引き、ソウルでの試合には間に合わないことを認めている。

ハーグリーヴスは膝の故障を抱えており、ナーニは先月のU-21ヨーロッパ選手権で負った足首の故障に現在も悩まされている。

しかし、ファーガソン監督は、この2人が7月23日(月)のマカオでの深センFC戦には出場できるものと、自信を見せている。

「ハーグリーヴスの場合、膝の腱炎気味だが、特に深刻なものではない。シーズン開幕時には多くの選手に見られる症状だし、ツアー第3戦にはおそらく間に合うだろう」

「ナーニは、ツアー第3戦で出場予定だ。U-21ヨーロッパ選手権で足首を負傷したんだが、長引く故障ではない。とはいっても、急いで復帰させるような状況でもないからね」

ファーガソン監督は、7月17日の浦和レッドダイヤモンズ戦(2-2で引き分け)での試合内容には満足していた。新シーズンを前に自信を深めるような好材料を、選手たちのプレーに見ることができたと、ファーガソン監督は語っている。

ページ 1 / 2 次へ »