登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/12/2007  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

プロフィール:シャルケ

対戦成績
対戦が決まれば、初の顔合わせとなる。

本拠地
ゲルゼンキルヘンのアレーナ・アウフシャルケ、あるいはフェルティンス・アレーナ。2004年のチャンピオンズリーグ決勝の開催地で、2006年ワールドカップでも5試合が行われた。チャンピオンズリーグの試合の収容人数は5万3951人。

グループリーグの成績
最終節でローゼンボリに3-1で勝利し、チェルシーに続くグループBの2位に滑り込んだ。チェルシー戦とバレンシア戦では、ホームとアウェーのいずれの試合でも得点を奪えなかった。

監督
40歳のミルコ・スロムカ監督は大胆な采配をすることで知られ、ローゼンボリとの大一番には、クラブの規則に違反したとして、イヴァン・ラキティッチ、ムラデン・クルスタイッチ、ジャーメイン・ジョーンズの3選手を起用しなかった。2006年にアシスタントコーチから昇格した同監督は、シャルケをチャンピオンズリーグの「常連」にすることを目指している。

注目選手
シャルケはスター選手の集まりというよりは、チームプレーを重視する傾向にあるが、ドイツ代表FWケヴィン・クラニーには注意を払う必要がある。クラニーはグループBでチームがマークした5点のうち、2点を決めた。2003年10月にシュトゥットガルトの選手としてユナイテッドとグループEで対戦したときはゴールを決め、チームの勝利に貢献した。

ページ 1 / 2 次へ »