登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009  Report by Ian Baker
ページ 1 / 2 次へ » 

トッテナム戦後のファンの声

今シーズンのプレミアリーグ初勝利に、ユナイテッド・ファンはほっとしていることだろう。だが、掲示板には今後を不安視する意見も投稿されている。

投稿者:Fabio 555
「開幕3試合は素晴らしい内容ながら勝ち星なしだったが、トッテナム戦の内容は悪かった。トッテナムは、レディングと同じ引き気味の戦術で、これがよく奏功していた。
スカイスポーツの解説者、アンディ・グレイはユナイテッドについてこう語っていた。『ここ数年、クロスからのゴールを最も量産したであろうユナイテッドが、この試合ではほとんどクロスもないし、誰もクロスを狙おうとしていない』。全くの同感だ。
カルロ・アンチェロッティ(ミラン監督)が指摘した通り、ユナイテッドにはBプランなどないのだ。ナーニの素晴らしいゴールと、ロビンソンにうまく弾かれたシュート以外は、いいチャンスは皆無だった。しかもずっとポールは持っているのにチャンスを作れないというのは、まるでシュートチャンスをゆっくりうかがうリーガ・エスパニョーラのチームみたいな戦いぶりだ。ユナイテッドのスピーディーな戦いぶりはどこにいってしまったのか?」

投稿者:ShirleyChen
「厳しい戦いだった。トッテナムに絶好のチャンスが2回訪れた時には、怖くて死にそうだった。ナーニがゴールを挙げてくれてすごくほっとしたし、勝てて本当にうれしい。でもやっぱり、ルーニーがけがをしている時は、テベスと組むストライカーがもう1人必要だと思う。後半はほとんどチャンスを作れなかったし……」

投稿者:BabySenorita
「勝ち点3よ、ようこそ、お久しぶりでした。これからも長居をしてくださいね。とにかくやっと勝てたし、これが踏み台となるように今後も期待したい。選手にとってはいい自信材料になるはず……。今はこの勝ち点3が取れたことが一番大きいし、それ以外のことは言わないつもり。ああ、久々の勝利の味だ」

ページ 1 / 2 次へ »