登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「自分のキャリアにおいて必ずこの経験は生きてくると思っているので、自分としては別にネガティブに捉えてはない」

-香川真司

09/05/2014  Interview by Yumiko Yasugi
ページ 1 / 2 次へ » 

シンジ「波を乗り越えたシーズン」

2013-14シーズンもアウェーのサウサンプトン戦を残すだけとなった。最終戦でのゴールに期待が高まる香川真司が、ManUtd.jpの独占インタビューに応じてくれた。決して簡単ではないシーズンを、いったいどのような思いで戦ってきたのか、シンジの言葉に耳を傾けてほしい。

-まだサウサンプトン戦が残っていますが、2013-14シーズンを一言で表すとしたら?

「なんだろう……。(しばらく考えた後に)「波」かな。結構、荒波しか受けて来なかったけど(苦笑)。なかなかチームとしても、個人としても結果がついてこなくて。いろんな悔しい経験もしました。でも、今ではそれがサッカー選手として必要なことだと思ってるので。その波を乗り越えたシーズンでしたね」

-その次々に押し寄せる波を乗り越えるにあたって、常に心にあった思いを教えてください。

「『悔しい経験もすべて必要なことだ』という思いかな。すべてが自分のキャリアにおいて必要なことだと。実際に、今はそう感じていますし。ましてや、ユナイテッドのようなビッグクラブでこういう経験をすることはなかなかないと思っているので。それだけに、サポーターの存在を感じることは多かったです。サポーターの力はすごく感じましたね」

-以前、インタビューで「W杯イヤーにこのような試練があるのも意味があると思う」と発言されていました。

「そうですね。必ず意味があると思います。すべての瞬間、瞬間に。厳しいシーズンでしたけど、自分の経験において必ず役に立つと思っているので」

-ギグスが指揮を執ることになったノリッチ戦の前に、選手へ「楽しむことが大事。自分を表現するように」と指示したと言っていました。香川選手が今、一番表現したいことは?

ページ 1 / 2 次へ »