登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

27/06/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド加入を喜ぶエレーラ

ユナイテッドへの移籍が決まったアンデル・エレーラは、ユナイテッド伝統の赤いユニホームに袖を通せることを「誇りに思う」とし、ルイ・ファン・ハール監督との仕事を心待ちにしていると心境を述べた。

24歳のセントラルMFはアスレティック・クラブから4年契約でオールド・トラッフォードにやってきた。

MUTVのインタビューに応じたMFは、イングランド史上最も成功を収めているクラブへの移籍を喜び、次の様に話してくれた。

「凄く嬉しいし、ユナイテッドの一員となれることを誇りに思う。ファンの皆には、プロフェッショナルとして、ハードに取り組むことを約束する。ルイ・ファン・ハール監督は、世界でもベストな指導者だと思う。そんな監督と仕事ができるのはラッキーなこと。多くのことを学びたいし、早く監督、新たなチームメイトと仕事がしたい。ユナイテッドのためにプレーしたいね」

エレーラは、ダビド・デ・ヘア、フアン・マタとU-21スペイン代表でも共にプレーした経験を持っている。小柄なプレーメーカーは、同胞との絆が、1日でも早くチームに馴染む上で重要と言う。

「彼等も僕の移籍を喜んでくれるはず。2人と前に話した時、ユナイテッドは世界最大のクラブで、優秀な選手が多くいると言っていた。僕らは良い友人だし、僕がクラブに馴染む手助けをしてくれると思う」

ページ 1 / 2 次へ »