登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「誰にも憧れなかった。オールラウンドな選手になる為にも、色々な選手を見ることは非常に大事だよ」

― フィル・ジョーンズ

14/02/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリアを振り返るジョーンズ

フィル・ジョーンズが現在までのキャリアを振り返った。

子供の頃に憧れた選手は?
本当のところを言うと、僕は自分で自分のスタイルを作ったんだ。本当だよ。特に誰か1人の選手を手本にしたわけではないんだ。出来る限り多くの選手の映像を見て、それぞれのベストな部分を自分で真似してみた。それらをミックスした感じかな。特に影響を受けた選手はいないんだ。よく同じ質問をされるけれど、誰にも憧れなかった。オールラウンドな選手になる為にも、色々な選手を見ることは非常に大事だよ。

ブラックバーンでは参考にした選手はいた?
僕が所属した時はクリス・サンバ、ライアン・ネルソンがDFでいた。ネルソンはトッププロだったからお手本にしたよ。ライアンは僕がブラックバーンで成功する手助けをしてくれた。クリスも良いチームメートの1人で、デビューしたばかりの自分を助けてくれた。

デビュー戦の思い出は?
ビッグサム(サム・アラーダイス)がデビューの機会を与えてくれた。あの時は変な感じだったな。テレビ中継されるチェルシー戦で、試合前から緊張していた。それでも勝ち点1を取ったよ。ジョン・テリーとユニホームを交換して、大事に取ってある。ユナイテッドでは2011年のコミュニティシールドだった。2-0で負けていた時に入って、結果3-2でシティーに勝った。ホームデビューはトッテナム戦で、3-0で勝った。大観衆の前だったし、最高のシチュエーションだった。その時までにツアーなどで何試合かユナイテッドの選手として出場していたから、すんなり試合に入っていけたね。

ユナイテッドでのベストゲームは?
2011年のボルトン戦かな。あの時はウェイン・ルーニーがハットトリックを決めて、自分も右サイドからチャンスを作って5-0で完勝した。楽しかったよ。あとは、ベストかはわからないけれど、ベルナベウでプレーしたチャンピオンズリーグ戦かな。レアル・マドリーとの激戦だったし、クリスチアーノ・ロナウドという世界でもベストプレーヤーと対戦したからね。良い試合だったよ。

ページ 1 / 2 次へ »