登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

02/05/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ピーク時期にいるキャリック

マイケル・キャリックは今シーズンのユナイテッドで最も安定したプレーを続けている。個人タイトルの候補にも選出されているが、本人からはスポットライトを独り占めにする気など一切感じられない。

今シーズンはユナイテッドの中でも最も安定したプレーを見せている 1 人だと思うけれど、自分ではどう見ている?
選手としては常に学習して、成長しようと思っている。それが自分の取り組んでいることだからね。色々な要素が絡んで好調を維持出来たり、自分の思うよなプレーが出来る時期もある。それは経験から来るものだと思うね。それぞれのシチュエーション、試合展開で自分にとって何が役に立つのかを理解しているから。どういう風に対応すれば良いか、どう適応していけば良いのかを経験でわかっているんだ。

自分自身でキャリアピークにいると思う?
そうだね。ユナイテッドに移籍してからは常に成長を続けられていると思う。誰だって、他の選手よりも良いプレーをしたいと願うものだから。ただ、常に上昇気流に乗れるわけではないし、いつだって自分のベストなプレーが出来るわけでもない。時間の経過と共に自分は選手として成長していると実感している。今だって成長を感じているよ。

ファンはあなたのプレーが試合に大きな影響を与えていると実感しているようだけれど、その理由はわかるかな?
さぁ、どうだろうね。自分のことについての意見を読んだり聞いたりすると、時に笑ってしまうこともあるくらいだから。多分フットボール関係者が伝えた内容を見て、周りの人達はそれを鵜呑みにしているんじゃないかな。でも、自分でも好調を維持出来ていると思っているから、それは良いことじゃないかな。

ページ 1 / 2 次へ »