登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

27/08/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィダ「タイトル獲得は宿命」

変わった部分がある一方、何も変わってはいない。これまで通り周囲から高い期待を寄せられ、質の高いアタッキングフットボールに対する要求も変わらぬまま。そして挑戦する気持ち、トロフィーを獲得して成功を収めるという精神も、全く萎れていない。

これは全てユナイテッド主将のネマニャ・ヴィディッチがチェルシー戦前に語った内容。当然ながら、誰も彼の言葉に意見などしないだろう。

今シーズン開幕を迎えるにあたり、過去7年と比べて違いはあった?
いつもと変わらぬ期待を寄せられているし、僕らは勝たないといけない。その点で変化はないね。もちろん変化した部分はあるよ。メディアはチームが連覇出来るかどうか、今後も成功を収められるかを聞いてくるけれど、それはマンチェスター・ユナイテッドの選手にとって宿命みたいなもの。その点も変わらない。

チームにとって新章が始まったわけだけれど、その中で重要な役割を担えて興奮している?
そう思うね。サー・アレックス(ファーガソン)の指導を受けられた経験は自分にとっては特権だと思っている。監督として、そして1人の人間としても、サー・アレックスからは色々なことを教えられた。彼のクラブ内での影響力は本当に大きいから。これからクラブは新たなチャプターに突入するわけで、成功を収められるよう精一杯努力する。リーグ優勝、チャンピオンズリーグ、それに他の大会でも成功を収める為にね。興奮しているし、より責任も感じている。それは良いことだけれどね。トレーニングを見れば、チームの全員がトレーニングで自分を高めようと思っているのがわかるだろうし、全員が成長しようと必死にやっているから。

ページ 1 / 2 次へ »