登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

13/03/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

ベルバトフ、出場への準備は万全

ドラマティックなフィナーレが予想されるシーズン終盤に向け、ディミタール・ベルバトフは必要とされればいつでもプレーする準備が出来ていると、United Review の取材に答えた。

素晴らしい結果を出しているシーズン後半でカギとなったのは何?
様々なことの組み合わせだろう。しっかりトレーニングをこなし休息を取る。休むこともトレーニングと同じくらい重要だ。コーチングスタッフは対戦相手の映像を用意してくれるから試合でも慌てずにすむし、試合後のリハビリも行き届いていて次の試合にもフレッシュな状態で臨めるんだ。こういった小さなこと全てが必要なんだ。

スパーズ(トッテナムの愛称)戦後に、選手達はタイトルの“匂い”を感じ始めているとガリー・ネヴィルが言っているけど、その通り?
そうかもね(笑)。だけど先走っているわけじゃない。どんな対戦相手でも過小評価するのは危険だ。難しい状況だけど初めての経験ではないからね。優勝候補に残っているのは2チームだけだからシティーとの一戦は白熱するだろうね。だけど他のチームとの試合で勝ち点を落とすこともあるだろうから、シティーとの一戦だけでタイトルの行方が決まるわけではない。残された全ての試合に集中して臨み、アウェーでのフォームを維持していけば問題ない。オールド・トラッフォードでは誰が相手だろうと簡単に良い試合はさせないからね。

シーズンを通して今がプレーヤーにとって最もエキサイティングな時期?
ノー!(笑)確かにエキサイティングだけど、当然プレッシャーも相当なものだから強いメンタルを維持する必要がある。毎試合がカップファイナルのようなものだ。ナーバスにならず度胸を持って臨まなくてはならない。これまでも経験してきたことだからうまく対処していけるし、今シーズンもチャンピオンになれると思っている。

ページ 1 / 3 次へ »