登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

30/04/2012  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

冷静に現状を見つめるキャリック

MF マイケル・キャリックがダービー直前に今の心境を ManUtd.com の独占インタビューで答えてくれた。

月曜日( 30 日)の試合は事実上プレミアリーグの優勝決定戦と言える?
いやいや、そんなことはないよ。タイトルレースは今節が終わっても続く。確かにシティーと僕らはトップ2にいるチームだし、今節の勝ち点3は非常に大きな意味を持っている。けれど2試合を残しているし、ここ数週間で起こった出来事を考えてみれば、最後まで何が起こるかわからない。とにかく勝ち点3を取ることだね。もちろん、もし勝てれば優勝に大きく近づくことは間違いない。でも、まだ優勝トロフィーは自分達の手元にはこないから。

最近チームが勝ち点を取りこぼしたように、優勝争いは最後まで続くということ?
そう思うよ。僕がチームに加入してからというもの、毎シーズン残り数試合になってからじゃないと優勝が決まらない。余裕を持って終盤戦を過ごせたことが無いから。クリスマス以降は素晴らしい戦績を残して、優勝に最も近い順位に浮上出来た。今だって僕らが有利なことは変わらない。あと3試合残して2位と勝ち点差3としているわけだから。皆、そのことを忘れているんじゃないかな!

エヴァートン戦でドローに持ち込まれたのは残念だった?
もちろん、非常に残念だった。その気持ちは変わらないけれど、前を向いて進まないと。僕らがホームで勝利をほぼ手中にしていた展開から4-4になったのは初めてじゃないかな。少しばかりクレージーなゲームだった。試合後も全員気落ちしていたよ。でも下を向いてばかりもいられない。もっと酷い状態になっていたかもしれないわけだから、少しは楽に考えるべきだ。まだチームは首位で、優勝に最も近い状態だから。

ページ 1 / 2 次へ »