登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「両親、祖父母、兄弟、ガールフレンドにもたくさん相談した。幸いにも皆のおかげで、自分に今必要な状況ということに気が付くことが出来たんだ。今でこそ自分は幸運な人間だと思うし、あの時に辞めていなくて本当に良かった」

― ハビエル・エルナンデス
11/11/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

チチャ「本気で辞めようと思った」

この 18 ヶ月もの間、数々のチームの DF は相手のマークを外すハビエル・エルナンデスを捕まえることが出来なかった。

しかし、幸いにも Indie United がチチャリート(エルナンデスの愛称)の独占インタビューに成功。オールド・トラッフォードに最初に足を踏み入れた瞬間、オーレ・グンナー・スールシャールと比較されること、そして数年前に引退を真剣に考えていたこと等、胸中を激白した。

数年前、まだメキシコでプレーしていた当時に引退を考えていたと聞いたけれど、どのくらい真剣だったの?
本気だったよ。あれは3年前くらいのことで、常に自問自答していた頃。今自分が置かれている環境は神様が与えてくれたものなのかどうかをね。当時はベンチメンバーでいることが多くて、出場機会もほとんど無かった。それなのに若い選手がどんどん自分を追い抜いていくし、しばらくフットボールから離れたこともあったんだ。両親、祖父母、兄弟、ガールフレンドにもたくさん相談した。幸いにも皆のおかげで、自分に今必要な状況ということに気が付くことが出来たんだ。今でこそ自分は幸運な人間だと思うし、あの時に辞めていなくて本当に良かった。何か欲しいものがあって、今の自分がそれを手にしていないと、周りや自分に怒りをぶつけてしまうものなんだ。僕は、その辛い経験から多くを学んだし、それが人生やフットボールキャリアにおいても重要だとわかった。どういう人生を歩んで、自分の夢を叶えられるかどうかは、神様だけが知っていることだから。

多くのラテン国では、レアル・マドリーやバルセロナが世界でもビッグクラブという印象を持たれているみたいだけれど、メキシコではユナイテッドについてどんな印象なんだろう?
僕がオールド・トラッフォードに来てから、ファンの皆の関心度も上がっているみたいだよ(笑)。もちろん、メキシコのファンには感謝の言葉しかない。彼等のサポートには本当に助けてもらっているからね。
クラブについてだけれど、契約する前から好印象しか持っていなかった。世界でもトップのチームだと思っていたからね。ただ、チームの凄いところは、南アメリカだけではなくて、北米でも大勢のファンから支持されていること。今年の遠征でも、宿泊先のホテル前で大勢のファンがサインをもらうために待っていてくれたし、何かでユナイテッドは世界中に330万人ものファンがいるという記事を読んだ。凄いことだよね。そんなチームでプレー出来て光栄に思う。世界中どこに行っても、マンチェスター・ユナイテッ

ページ 1 / 3 次へ »