登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

06/05/2011 

優勝に飢えるスコールズ

優勝がかかったリーグ終盤戦では、いかなるドラマも、取りこぼしも、集中力の欠如も許されない。ベテランのポール・スコールズは、自身 10 度目となる優勝を目前とした今、チームに必要不可欠なことを知り尽くしている。チェルシーとの大一番を直前とした今、そのスコールズがタイトル獲得について語ってくれた。

勝ち点では 2 位チェルシーより上にいますが、優勝争いを勝ち抜くためには、他に何が必要でしょう ?
何よりも勝ちたいという強い意思が重要だと思う。どんな状況になっても、チームなら必ず好転させられると信じているからね。たとえばこの間のウェストハム戦(4-2で逆転勝利)でも、前半を終えた時点で0-2とリードを許していた展開から、後半に逆転することが出来た。僕らは決して試合を諦めないし、やられたらやり返す精神を持っているチームだ。同じ様に3月のボルトン戦でも、1人少ない10人の状態で、しかも残り15分という状況の中、1-0で勝てた。難しい試合だったけれど、勝ちたいという強い気持ちが勝利をもたらしてくれた。

これまでの経験がパニックを起こさないのに役立つと思いますか?
これだけ注目される試合だし、不安が全く無いとは言わない。でも、チームの選手の大半は過去に優勝を経験しているから、それが良い方向に役立つことを期待したい。

ページ 1 / 3 次へ » 


「どんな状況になっても、チームなら必ず好転させられると信じているからね。誰だって前半を終えた時点で0-2とリードを許すより2-0でリードしていたい。でも、時としてそういうことは起こり得る。僕らは決して試合を諦めないし、やられたらやり返す精神を持っているチームだ」

― ポール・スコールズ