登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

14/09/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

新たな意欲を燃やすギグス

現在のサッカー界において、経験値でライアン・ギグスに勝る選手は多くない。チャンピオンズリーグの出場試合数でギグスを上回るのは、パオロ・マルディーニとラウール・ゴンサーレスだけだ。

マンチェスター・ユナイテッドの伝説的存在というべきギグスが、自身20回目となる欧州カップ戦への意気込みをManUtd.comに語ってくれた。

レンジャーズを含め、オールド・トラッフォードに乗り込んでくるチームはユナイテッドを倒そうと意気込んでいます。倒すべき相手として見られることをどう思いますか?
そうだね。0-1でリードしただけなのに、途方もない偉業を達成したかのように喜ぶ相手サポーターを見ると、マンチェスター・ユナイテッドに勝つことがどれだけ大切なのかを改めて思い知らされる。引き分けでも勝ったかのように喜ぶファンもいるしね。

引き分けでもファンが喜ぶとはいえ、グラスゴー、バレンシア、トルコというアウェーゲームは難しいものなのでは?
レンジャーズと初めて対戦したとき、恐怖を感じたことをよく覚えているよ。今シーズンも間違いなく、そんな感覚を味わうだろう。メスタージャでもプレーした経験があるし、バレンシアは非常に手ごわいチームだ。ブルサスポルとのアウェーゲームでは、以前のベジクタシュ戦やガラタサライ戦と同じく、敵意に満ちた歓迎を受けるだろう。トルコには熱狂的なファンが多いからね。ものすごい雰囲気の中でプレーすることになると思うけど、そんな雰囲気を楽しみたいね。

欧州カップ戦といえば大一番ですからね。
そうだね。僕らもオールド・トラッフォードで何度もそういった試合を経験してきた。大きな声援がチームを後押しして

ページ 1 / 3 次へ »