登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

14/09/2010 

ギグス「欧州制覇を目指している」

ユナイテッドは昨シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルンに敗退して悔しい思いをした。しかし、20シーズン目となる欧州の戦いに臨むライアン・ギグスは、その敗退から多くのことを学び、今シーズンはウェンブリーで優勝を果たしたいと意気込みを語った。

昨シーズンはチャンピオンズリーグ決勝の舞台に立てなくて悔しかったのでは?
そうだね。それまでは2シーズン連続で決勝に勝ち進んでいたからね。負け方もよくなかった。ホームで行われた準々決勝のバイエルン戦の前半は、そのシーズンで最高とも言える出来だった。それなのに最終的には敗退してしまったわけだからね。けどそれがチャンピオンズリーグさ。

昨シーズンから学んだことは?
結果は最後まで分からないし、ホームとアウェーの両試合でいいゲームをするのが大事だということだね。バイエルン戦はアウェーゲームで思ったような試合ができなかったし、最終的にそれが命取りになった。アルイェン・ロッベンのような選手がゴールを決めることも考えておかなくてはならなかった。チャンピオンズリーグでは優秀な選手が揃っているからね。そういうことがありうるということを考えながら、対処していくのが重要なんだ。

ページ 1 / 4 次へ » 


「いいスタートを切ることが大切だ。簡単な相手ではないけど、チャンピオンズリーグのホームゲームには自信を持っている」
─ ライアン・ギグス

ファンからの質問
試合中はいつも冷静に見えますが、怒ったりすることはあるんですか?
Gustavo Araujo, Florida, USA
「腹を立てることはよくあるよ。練習中も試合中もね。いつも高い目標を持って取り組んでいるので、満足のいくパフォーマンスができなかったときは、感情をあらわにしてしまうんだ。とくに、ひどいプレーをして試合に負けたときが一番腹が立つよ」