登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

15/01/2010 
ページ 1 / 4 次へ » 

インタビュー:クシュチャク

3年半にわたって、トマシュ・クシュチャクはエドウィン・ファン・デル・サールの控えとしてプレーし続けてきた。しかし、11月に正GKのファン・デル・サールが負傷したことで、クシュチャクはついにその実力を証明する機会に恵まれた。セント・アンドリュースで印象的な活躍を見せたクシュチャクは、16日のバーンリー戦でもユナイテッドの勝利に貢献したいと、熱意を語っている。

ユナイテッドは、1週間ほど温暖なカタールでのトレーニングを行っていましたが、楽しめましたか?
本当に温かくて、ずっと25度くらいの気温ですごく快適だった。でも、トレーニングはハードだったよ。とても休みと呼べるようなものじゃなかったね。決して、ビーチでくつろいだり、太陽の下で遊ぶためにカタールへ行ったわけじゃなかった。一生懸命トレーニングに励んで、しっかり充電してチームスピリットを立て直すために行ったんだ。これでずいぶんと気分転換ができたし、元気を取り戻して、これからの試合のために準備を整えることができたと思うよ。

バーンリー戦はどのような試合になると予想していますか?
まず、8月にターフ・ムーアで対戦した時のことを思い出さなければならないと思う。あの日、敗戦を喫してしまったし、今回の対戦も厳しいものになると思う。今シーズンのプレミアリーグでは、ほとんど毎週、番狂わせが起こっている。だから、どのチームが相手かなんて関係ないし、簡単な試合は1つもないんだ。バーンリーにはきっと苦戦を強いられるだろうし、厳しい試合になると思う。でも、僕らは実力でイングランドの王者になったのだから、勝利できるだけの力を持っているはずだと信じているよ。

リーグが混戦になったことには驚きましたか?
もちろん。でもこれはサッカーファンには嬉しいことだと思う。難しいリーグということは、どのチームも均等に勝てる

ページ 1 / 4 次へ »