登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

13/12/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

インタビュー:ヴィディッチ

シーズンの中でも重要な時期に突入しようとしている今、ユナイテッドのゲームキャプテンであるネマニャ・ヴィディッチは、チームメートを鼓舞し、ブラックバーン戦のようなレベルの高いパフォーマンスを維持するよう求めている。

ブラックバーン戦で記録的な大勝を収めた後、良いイメージのまま戦いたいと考えていた矢先にブラックプール戦が延期となりました。チームにとって痛手と考えますか? それとも良い休息と捉えていますか?
個人的には、出来るだけプレーしていたい方だし、確かにブラックバーン戦での勢いを持って戦いを続けたい気持ちはあった。試合の間隔がこんなに開くということにもあまり慣れていないし、妙な感じだよ。でも休息できたことが良い結果に繋がればいいと思っている。

これからタイトな日程で重要な試合が続きます。優勝争いにどんな影響を与えると思いますか?
シーズンの中でも特にこの時期は順位が激しく入れ替わる時期だ。昨シーズンはプレミアリーグの戦いがどんなに熾烈なものかを思い知ったし、今シーズンは更に激しさを増している。それぞれのチームが力を付けて、戦いのレベルは高くなっている。今のところ、どのチームにも可能性が残っているように見えるけど、間もなく優勝圏内に残るのは2チームか3チームに絞られてくるんじゃないかな。過去の数シーズンを振り返ってみてもそういう傾向がある。1月中旬ぐらいにはタイトル争いの行方はもっとはっきりしてくるだろう。

先日のブラックバーン戦のような試合内容になると、DFとしてはリラックスしてゲーム展開を見守れるのでは?
(笑いながら)そうだね、普段の試合よりは少しリラックスできたかな。もちろん、ゲーム中は集中力を切らすことは許されないし、いつでも対応できるよう準備しておかなければならない。でもチームメートが攻撃を続けるのを安心して眺められるのは悪くないね。全員が自信を持ってプレーしているときは、ゲームを楽しむことが出来るんだ。

ページ 1 / 2 次へ »