登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「チャンピオンズリーグの決勝に勝ち進めさえすれば、僕は誰が相手だって構わない。ただ、それがレアル・マドリーだったとしたら格別だろうね」
― パトリス・エヴラ
15/10/2009 
ページ 1 / 3 次へ » 

インタビュー:エヴラ Part2

ユナイテッドオフィシャルマガジン「Inside United」(日本未発行)の最新号から、パトリス・エヴラの独占インタビューを3日間連続でお届け。ManUtd.jpをいつもチェックしてくれている日本のファンのためのスペシャル企画だ! 

3日連続でお送りしているパトリス・エヴラのロングインタビュー2日目をお送りします。

前回のエヴラは、元チームメートのカルロス・テベスとの対戦について語っていた。今回は、もう1人、今夏ユナイテッドから離れた選手についての話を聞いた。

あなたはクリスチアーノ・ロナウドとも仲が良いですよね。友人がクラブを離れるのはつらいものですか?それとも、サッカーの一部だから仕方がないことなのでしょうか。
確かにつらいけど、それはサッカーの一部だよね。ロナウドとは親しかったし、彼がクラブを去るのは悲しかった。でも、受け止めなきゃね。ユナイテッドに関して言えるのは、1人の選手がスターなんじゃなくて、チーム全体がスターなんだということなんだ。アレックス・ファーガソン監督はそれを毎年維持しようとしているんだ。

ユナイテッドが今シーズンのどこかでレアル・マドリーと対戦する運命にあると思いますか?
そう思う。どうしてかは説明できないし、直感だけだけど、きっと僕らはレアル・マドリーと対戦することになると思う。まあ、僕の勘違いかもしれないけど、そういう感じは確かにあるんだ。もしかしたら、チャンピオンズリーグの次のラウンドかもしれない。ゾクゾクするよ!

過去にロナウドと対戦したことはありますか?
U-21代表で対戦したことがあるけど、何よりもユナイテッドでのトレーニングでは毎日対戦していたからね。きっと、ロナウドも僕のことを厳しい相手だと思っているはずだよ!彼は僕を知っているし、僕も彼をよく知っているからね。

5月のチャンピオンズリーグ決勝はベルナベウでの開催です。そこでロナウド擁するレアル・マドリーと対戦することになったら?
もし、今すぐに決勝で対戦できると言われたら、僕はすぐにでもやりたいよ。素晴らしい決勝になるだろうけど、まだその前には長い道のりがある。ユナイテッドが決勝に勝ち進めさえすれば、僕は誰が相手だって構わない。ただ、それがレアル・マドリーだったとしたら格別だろうね。

昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が行われたローマでの思い出は何ですか?

ページ 1 / 3 次へ »