登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

10/11/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

インタビュー:オベルタン

ユユナイテッドファンはガブリエル・オベルタンの才能を知ったはずだ。彼には素晴らしい将来が約束されているに違いない。ボルドーからユナイテッドに加入して以来、初めてManUtd.jpのインタビューに答えたオベルタンは、イングランドサッカーへの愛情や、クラブにいかにして馴染んだのか、そしてファーストチームでレギュラーとして活躍する選手になるための今後のプランについて語った。
(※写真をクリックしてオベルタンの写真をチェック!)


ユナイテッドに加入したことで、先発出場ではなくベンチスタートの選手になってしまったことにはいら立ちを感じましたか?
最初の4カ月はただ待たなければならなかったから、試合に出られるようになるのが本当に待ち遠しかった。試合に出場して初めてチームの一員であることを実感したかったんだ。だから今はすごく気分が良いよ。

試合に出られなかった時期もイングランドに馴染むために役に立ったのでは?
そうだね。待っている間にもたくさん良いことがあったよ。プレーできないことにいら立ちはしたけど、なるべくポジティブに考えようと努力していたんだ。残念だったけど良い面もいくつかあったからね。クラブ全員のことを知ることができたし、ここの仕組みについても理解することができた。イングランドの暮らしに馴染むことができたよ。

このクラブの印象はいかがですか?
僕はすでにユナイテッドの影響をたくさん受けているよ。もちろん以前から、ユナイテッドがビッグクラブだということは分かっていた。ボルドーはフランスのビッグクラブだけど、ユナイテッドと比べたら何もかも違うんだ。これが世界規模のクラブだよ。全然違う組織だ。当然、選手のクオリティも違うよ。みんなが各国代表選手だからね。サッカーのすべての面でスピードがあってクオリティが高い。信じられないよ。

ページ 1 / 3 次へ »