登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

05/08/2009 
ページ 1 / 5 次へ » 

監督コラム:バレンシア戦

ホットなシーズンが再び始まったと私が感じるのは、オールド・トラッフォードへの帰還を歓迎されることだ。それはすべての大会に挑戦する我々が望んでいることでもある。そして、我々はすべてのチームの挑戦を受けるにふさわしい立場にあると私は思っている。

今夏の移籍市場では身を引かなければならなかった一方で、レアル・マドリーやマンチェスター・シティーが前例にない出費を行った。それでも、私は我々が相手の挑戦を受けるにふさわしい立場だと言えると思う。

クリスチアーノ・ロナウドを放出することにより、我々はレアル・マドリーから8000万ポンド(約128億円)を受け取った。それにも関わらず選手の獲得に資金を費やさなかったことにやきもきしているファンもいるだろう。私は、クラブが資金を費やすのにふさわしい選手がいると感じたなら、その選手の獲得に投資しただろう。しかし、近年は狂ったように移籍金が高騰し、もはや有名な選手を獲得することは非常に難しくなっている。

我々が獲得しようとした選手の移籍金は適正な金額ではなかった。そのため、その選手の獲得を断念した。我々はここ数年、ビッグネームを獲得するために資金を投入することをいとわなかった。そして実際、ユナイテッドは移籍金額の最高記録を更新したこともあった。しかし、我々がそういった金額を支払うのはビジネスとして適正だと思う時だけだ。ここ数カ月で要求されている額は許容範囲を超えている。

だから、我々は身を引いた。しかし、忘れてはならないことがある。それは我々が他のクラブよりも優位に立っているということだ。トップ争いをするために、湯水のごとく金銭を費やす必要はない。我々はすでにトップに君臨している。我

ページ 1 / 5 次へ »