登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

07/06/2013 

対戦相手インタビュー:ミケル

ユナイテッドファンにとってミケルは知らない存在ではない。2006年、移籍騒動の渦中にいたミケルは、オールド・トラッフォードではなくスタンフォード・ブリッジを選んだ。そうして、1年以上に渡る移籍騒動の幕は閉じた。

ここ2シーズン、ユナイテッドがプレミアリーグとチャンピオンズリーグを制覇したことから、ミケルの決断には疑問符が持たれていた。しかし、ミケルはジョゼ・モウリーニョ元監督、アヴラム・グラント前監督、そして現在はルイス・フェリーペ・スコラーリ監督の下で、MFとしてとても印象的な働きを見せている。スコラーリ監督はミケルを「チームの柱」と形容し、ユナイテッドのプレミアリーグでの牙城を打ち崩してくれることを望んでいる。

あなたがチェルシーに加入した時、チェルシーのMFにはフランク・ランパード、ミヒャエル・バラック、マイケル・エッシェンといったレギュラーが確約されたプレーヤーがいました。彼らの中に割って入っていくことはあなたにとって難しいものではなかったですか?
チェルシーに加入する時点で、試合に出場するという面においては厳しい選択であることを理解していた。『チェルシーには行くな。あそこには多くのMFがいて苦労するよ』と、言って人もいたからね。
実際はMFの選手だけでなくて、チェルシーには世界中のトッププレーヤーがいたんだ。しかし、加入する時点で僕

ページ 1 / 4 次へ » 


「チームのバランスを上手くとり、監督が僕らにどのようにプレーしてほしいか、他の選手に知らせるんだ。それこそ、監督が僕に求めていることだからね」
―ジョン・ミケル・オビ