登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

06/09/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

インタビュー:スコールズ

勝利の味に慣れてしまった選手ばかりが揃うユナイテッドにおいても、ポール・スコールズより多くの優勝を経験しているのはライアン・ギグスだけだ。

スコールズはトッテナムとの対戦がこれまでと同様に厳しいものになるだろうということは承知の上だが、ユナイテッドにはこのまま優勝に向けて突き進めるだけの実力があると感じているようだ。

1月に行われたFAカップのトッテナム戦で、あなたは今シーズンの初ゴールを決めました。得点後、喜びを表すことはなく複雑な表情を浮かべていましたね。相手DFに当たってゴールが決まったからですか?
そうだよ。記録は僕のゴールとして残るだろうけど、きれいな得点ではなかったからね。DFに当たって偶然決まったゴールだったから素直に喜べなかったんだ。

3月のカーリングカップ決勝ではPK戦の末にトッテナムを下して優勝を果たしました。25日の試合、彼らはカーリングカップのリベンジという気持ちで挑んでくるでしょうか?
リベンジという思いはないんじゃないかな。ただ、勝ちたいという気持ちは強いと思うけどね。繰り返しになるけど、トッテナムとは常に厳しい試合を強いられる上に、接戦となることが多い。今回の対戦もきっと厳しい試合になるはずだよ。彼らは残留争いを強いられているわけでもなければ、優勝を狙える順位にいるわけでもない。つまり、恐れるものは何も無いということ。彼らはオールド・トラッフォードで、王者に一泡吹かせてやりたいと意気込んでいるはずだよ。

ページ 1 / 2 次へ »