登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

01/02/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

インタビュー:テベス

90分間尽きることのないスタミナと闘志。終了のホイッスルが鳴るその瞬間までボールを追い続ける。強持てのルックスからは想像もできない献身性を備えるカルロス・テベスは、決して走ることをやめない。彼はマッチデー・プログラム『ユナイテッド・レビュー』で、次のように語った。シーズンが終了した時、「タイトル獲得の喜びを味わうために、全力を尽くす」と。

3月、ユナイテッドはリーグ戦の連勝記録が11で途絶え、直後のリヴァプール戦とフルアム戦で連敗を喫した。不調の要因は?
どんな強豪クラブでも、長いシーズンを戦っていれば良い時期と悪い時期があるもの。今シーズンのユナイテッドの場合、好調と不調が極端だっただけのことさ。ただ、調子を落としたことで僕らは問題に真っ向から取り組むチャンスができたんだ。今は復調しつつあるし、あとは優勝まで突っ走るだけだよ。

フェデリコ・マケダの活躍もあり、チームは浮上のきっかけをつかみました。突如現れた新星に先輩から何かアドバイスすることはありますか?
フェデリコは身体が大きくてフィジカルも強い上に、足元の技術もしっかりしている。彼はトップクラスの選手になるために必要な要素をすべて兼ね備えていると思う。僕からアドバイスできることがあるとすれば、ピッチに立ったら「思う存分、楽しむように」ということかな。当たり前のことなんだけど、実はこれが重要なんだ。自分がプレーを楽しまなきゃ、見ている人だって楽しいわけがない。僕らはプロ選手であると同時にエンターテイナーでもあるんだ。お金を払って見に来てくれる人を楽しませてあげないとね。

過密日程をうまく乗り越える手段はありますか?
ユナイテッドは世界的なビッグクラブで、どの大会でも上位に進むから必然的に試合数が多くなる。当然、シーズンが進むにつれて体力的に厳しくなっていくことを理解しているよ。また、他のチームがユナイテッドと対戦する時、僕たちを倒そうと必死なって挑んでくるから、気の抜ける試合なんて1試合もないんだ。ただ、僕らには過密日程を耐え得るだけの選手層があるし、タイトルレースを楽しんでいるよ。

シーズン終盤、残留争いをしているチームとの対戦が多いですが、下位チームとの対戦は有利に働くでしょうか?
順位に関係なく、シーズン終盤は常に厳しい試合が続く。目標こそ違うけどが、相手も勝利のために必死になっているから簡単な試合なんてないよ。ただ、僕らの戦うべき相手は、目の前の敵ではない――自分自身との戦いなんだ。肉体的に

ページ 1 / 2 次へ »