登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「彼はここに来るという夢が満たされたことに対し、非常に興奮し喜んでいる。彼もチームも一員になることを楽しみにしているよ。フロントとしてもとても光栄なことだ」
― デイヴィッド・ギル
22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

ギルがベルバトフを歓迎

移籍市場の終了に際してほとんど24時間休み無く働き続けていたデイヴィッド・ギルだが、火曜日の朝は喜びの表情でデスクに着いた。市場終了間際にユナイテッドはディミタール・ベルバトフ獲得に成功したのだった。

MUTVのインタビューでギルは同選手の獲得を心から嬉しく思っているとコメントした。

月曜日は大変多忙な一日になったと思いますが、今のお気持ちはいかがですか?
悪くないね。移籍市場の最終日、特に色々なことが平行して起こっている時などはこういうことがよくあるんだ。メディアでは一日中、どういった動きがあるかあらゆる憶測をしているようだが、たいていの契約はギリギリで決まるんでね。

契約が上手くいかなかったら、と心配にはなりませんでしたか?
いや、全くなかったね。我々が彼に興味を持っていることは各紙でこの夏中ずっと報じられていた。しかし、ギリギリまで契約にこぎつけられなかったということは、なんらかの懸念があったということかもしれない。少なくとも、私は契約できると思っていた。スパーズは彼を放出する意思があったし、彼もユナイテッドに来たがっていた。だから、自信があったよ。1番問題になったのは、トッテナムに代わりの選手がいなかったことだが、幸いにも我々の将来有望な若手選手、フレイザー・キャンベルが1年間のレンタル移籍に合意してくれたことで解決できた。そういったことを同時進行しながら、何とか来シーズンに向けての準備を終えることができたよ。

シティーの動きには驚きましたか?
ああ、シティーは多額の移籍金で選手を獲得したが、彼らはいつも最終日に急に動くからね。心配したかって? そんなことはないな。さっきも言ったように、ベルバトフは夏中ずっと、トッテナムからユナイテッドに移籍したいと言っていた。チャンピオンズリーグでプレーしたいので、そういった大きな大会で優勝を狙えるクラブに入りたいと語っていたんだ。だから、心配はしていなかったよ。

ベルバトフはどのような形でチームに加入することになるでしょうか。また、彼が加入したことで、他の選手たちがポジション争いを強いられるということはないですか?
選手たちは全員、ベルバトフが素晴らしい選手だとわかっていると思うし、先週、モナコでも話をしたが、彼らは皆、誰とサインするのか知りたがっていた。チーム全員が大きな成功に向けてチャレンジしたがっていたし、ベルバトフのような世界レベルの選手を獲得することで、クラブが昨シーズンの成功に満足するつもりはないということを改めて感じ取ったようだった。クラブは常にチームの改善に努めており、選手たちも常に最高の選手とプレーすることを望んでいる。今シーズンは長い戦いになると皆が覚悟を決めている。多くの試合をこなすことになるし、アレックスはチームの実力を最大限に引き出すため、彼ら全員にチャンスを与えるよう努めてくれるだろう。

サポーターたちは皆、ベルバトフ獲得に大喜びしています。
我々も嬉しく思っているよ。契約完了までに時間がかかったのでサポーターも本当に契約できるかどうか、心配になったことだろう。しかし、彼がプレミアリーグに来てからの2年間で見せたクオリティはマンチェスター・ユナイテッドの選手として相応しいものだったし、彼なら偉大なスターになってくれるはずだと期待している。

ページ 1 / 3 次へ »