登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

試合に集中するギグス

代表戦のなかったライアン・ギグスは18日に行われるウェスト・ブロムウィッチ戦に集中することができている。そしてクリスマスに向け、勝利を重ねていくことをMUTVに語ってくれた。

ウェスト・ブロムウィッチはユナイテッドを勝ち点差1で追いかけています。彼らが上位に食い込んでくると予想していましたか? 
僕はウェスト・ブロムウィッチとハルに感動しているよ。両チームともトニー・モウブレイ、フィル・ブラウンという若くて優秀な監督が指揮している。チャンピオンシップ(2部リーグに相当)から昇格して、プレミアリーグで戦うということは難しいと思っているんだ。でも彼らは良いスタートを切った。尊敬に値するよ。18日は難しい試合になると思う。ウェスト・ブロムウィッチには代表クラスの選手が少ないから、1週間リーグ戦に備えることができた。僕たちは17日にチームでのトレーニングがあるだけなんだ。ウェスト・ブロムウィッチ戦に向けて準備をしなければいけないことは分かっているよ。

インターナショナル・ブレークによりリーグ戦が中断するということは、代表戦が無い選手にとっては良いことでもあるし悪いことでもあります。このことについてはどう考えていますか? 
問題があると思うよ。僕たちはスポーツ科学を専門にしているトニー・ストラドウィックに試合がない間にトレーニングを見てもらっていた。一生懸命トレーニングしたよ。何度かインターナショナル・ブレークを経験するうちに感じるようになったんだ。休み明けの試合は難しいと思う。試合勘を取り戻すのに時間がかかるんだ。その後、ゲームを重ねるごとに調整していくんだ。

インターナショナル・ブレークはあなたやスコールズにとって休むための期間ではないのですか? 
(笑いながら)違うよ。代表に選ばれていない選手は少ししか休めないよ。僕はこの間の代表戦の時は2、3日の休みがあったけど、ユナイテッドに残ったんだ。トレーニングに戻った時、ベストコンディションにするために頑張らなければいけないからね。

ページ 1 / 2 次へ »